アリアナ・グランデとキッド・カディが出演する映画のサウンドトラックより、2人による新曲「Don’t Look Up」がリリース

© ユニバーサル ミュージック合同会社

世界の歌姫 アリアナ・グランデと世界的ラッパーのキッド・カディの2人による共作シングル「Just Look Up」が本日リリースとなり、リリック・ビデオも同時公開となった。

*アリアナ・グランデ&キッド・カディ「Just Look Up」リリック・ビデオ

「Just Look Up」は、12月10日(金)に発売となるサウンドトラック『Don't Look Up (Soundtrack From the Netflix Film)』より先行リリースとなったシングル。この曲は、映画にも俳優として出演したアリアナ・グランデとキッド・カディが、ポップ・ミュージック界のパワー・カップル、ライリー・ビーナとDJチェロとして歌唱している。

なお、この曲は、アリアナ、キッド・カディ、アカデミー賞やエミー賞に2度ノミネートされた作曲家のニコラス・ブリテル、アカデミー賞にノミネートされたソングライターのタウラ・スティンソンが共同で作曲。

『Don’t Look Up』サウンドトラックは全31曲収録で、アリアナとカディによる「Just Look Up」でダイナミックにかつゴージャスに幕を開け、30曲目まではニコラス・ブリテルによるスコアを収録。そして本サントラを締めくくる31曲目の楽曲として、グラミー賞の受賞経験が2度あるアーティスト=ボン・イヴェールの新曲「Second Nature」が収録されている。

本作のスコアと「Just Look Up」は、先日開催された米・ハリウッド・ミュージック・イン・メディア・アワードで、ニコラス・ブリテルが最優秀オリジナル・スコア賞を、「Just Look Up」が最優秀オリジナル楽曲賞を受賞するなど、早くも世界で評価されている。

「Don’t Look Up」には、天文学者を演じる主演のジェニファー・ローレンスとレオナルド・ディカプリオを始め、マーク・ライランス、ロン・パールマン、ティモシー・シャラメ、アリアナ・グランデ、スコット・メスキューディ(通称:キッド・カディ)、ヒメシュ・パテル、メラニー・リンスキー、マイケル・チクリス、トメル・シズリーが出演しており、海外では12月10日に一部の劇場で公開されるほか、12月24日に日本も含めNetflixで配信開始予定。

*「ドント・ルック・アップ」予告編

■リリース情報

アリアナ・グランデ&キッド・カディ「Just Look Up」本日リリース

*試聴・購入

 

■LINKS

・アリアナ・グランデ日本公式HP

・キッド・カディL日本公式HP