BALLISTIK BOYZ「世界進出により近づいていけたら」2ndアルバム『PASS THE MIC』リリース

© ジグノシステムジャパン株式会社

BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEの深堀未来さんと砂田将宏さんが、12月2日(木)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。11月24日リリースのセカンドアルバム『PASS THE MIC』について、パーソナリティのこもり校長とぺえ教頭の質問に答えました。

こもり校長:今回のアルバムタイトル『PASS THE MIC』は、メンバー全員がマイクを持つグループというところからきているんですか?

砂田:それもあるのと、いま全国を回っているライブも『PASS THE MIC』というんです。ファンのみなさんの思いだったりエナジーをつないでいく、というテーマのもと、このタイトルになりました。

こもり校長:じゃあ、ツアーをしながらアルバムを作っていた感じ?

砂田:そうです。

こもり校長:でも“集大成のアルバム”みたいなことを言っているけど、何の集大成なの?

深堀:僕たちはアルバム(2019年5月リリースの『BALLISTIK BOYZ』)でのデビューだったので、そこからの作品が全部今回のアルバムに詰まっているんです。なので、それを集大成と……はい。

こもり校長:そうか。シングルじゃなくてアルバムで出すことに、意味があるというか……。じゃあ、ここが第一章、1個の区切りみたいな?

BALLISTIK BOYZ:そうです。

砂田将宏さん

こもり校長:第一章は、振り返ってみるとどうでした?

砂田:デビューしてすぐ、2ヵ月くらいで、『BATTLE OF TOKYO』があったんです。

こもり校長:そうか。Jr.EXILE(※)世代が集まって、ライブをしたんだよね。
(※GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZの4組)

砂田:そうです。そのあとは東南アジアとかに行かせてもらって、『LIVE×ONLINE』があって、今はツアーがあって……ノンストップで駆け抜けてきた印象です。

こもり校長:(校長がパフォーマーをつとめる)GENRATIONSがデビューしたときよりも、早い気がする。ツアーとか単独ライブとか、アルバムを出すのとかもね。

砂田:そうですね。

こもり校長:これから第二章が始まるわけですが、ここからの展望とか思いとかはありますか?

深堀:日本はもちろんなんですけど、デビュー当時から目標としている世界進出というところには、より近づいていけたらな、と思っています。

ぺえ教頭:うん。

こもり校長:どういう人に届けたい、とかありますか?

深堀:2年前に東南アジアに行ってからまだ1回も行けていないので、ぜひ現地の方々にもう一度会いに行きたいです。

――ここで、アルバム『PASS THE MIC』より「All Around The World」をオンエア

こもり校長:やっぱり、いままでのLDHの楽曲とは聴きごたえが違うよね。全員がマイクを持って歌っているから。

深堀:そうですね。

こもり校長:色とりどりというか、(メンバー)7人の色が出ていて。第二章に向けてのタイトルだし歌詞だし……幅広く夢を持っている子の背中も、押してくれるような曲ですね。甘いんだけど力強いみたいな……かっこいいね!

BALLISTIK BOYZ:ありがとうございます!

こもり校長:うらやましいです……俺も歌いたいのよ(笑)。

ぺえ教頭:え!?

こもり校長:教えてもらっていい?

砂田:僕らでいいんですか!?

ぺえ教頭:そこから!? 長い旅ね~。


▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年12月10日(金)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。


<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/