F16飛行再開は遺憾と防衛相

青森知事、信頼崩れると懸念

© 一般社団法人共同通信社

米軍戦闘機の燃料タンク投棄問題で、岸防衛相(左手前)に要請書を手渡す青森県の三村申吾知事=3日午後、防衛省

 青森県の米軍F16戦闘機の燃料タンク投棄で、岸信夫防衛相は3日、オースティン米国防長官と電話会談し、中止を要請していた三沢基地のF16の飛行が再開されたことに遺憾の意を伝え、円滑な事故対応を強く申し入れた。記者団に明らかにした。オースティン氏は「安全を最優先と考えている。米側として調査をしっかり行うことを約束する」と述べ、緊密な連携も確認したという。

 これに先立って三村申吾知事は東京・市谷の防衛省で岸氏と面会。「何ら説明がないままで、築いてきた米軍との関係が大きく崩れかねない」と懸念を伝えた。事故原因の究明と機体整備の徹底を米軍側に求めるよう要請した。