氷結したウルングル湖が生み出す絶景 新疆ウイグル自治区

© 新華社

氷結したウルングル湖が生み出す絶景 新疆ウイグル自治区

 【新華社ウルムチ12月3日】中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県にあるウルングル(烏倫古)湖ではこのところ、天候の影響を受け、氷に亀裂が生じる現象が起こっている。

 ウルングル湖はジュンガル盆地北部に位置し、水域面積は1035平方キロメートル、中国十大内陸淡水湖の一つであり、同自治区の重要な漁業生産拠点でもある。毎年冬になり気温が急激に下がって湖面が氷結し始めると、数万枚の不規則な鏡を敷き詰めたように広がる氷が太陽の光に照らされ、キラキラと輝く景観が見られる。(記者/丁磊、張暁竜)