習近平・トンルン両氏、中国ラオス鉄道開通式典に出席

© 新華社

習近平・トンルン両氏、中国ラオス鉄道開通式典に出席

3日午後、中国ラオス鉄道開通式典にオンライン方式で出席した習近平氏(右上)とトンルン氏(左上)。(北京=新華社記者/李響)

 【新華社北京12月3日】習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席は3日午後、ラオスのトンルン人民革命党中央委員会書記長・国家主席と中国ラオス鉄道開通式典にオンライン方式で出席し、あいさつした。

習近平・トンルン両氏、中国ラオス鉄道開通式典に出席

3日午後、中国ラオス鉄道開通式典にオンライン方式で出席した習近平氏。(北京=新華社記者/黄敬文)

 習近平氏は次のように指摘した。中国ラオス鉄道は両国互恵協力の旗艦プロジェクトで、質の高い「一帯一路」共同建設の象徴的プロジェクトである。ここ数年、中国は高い基準かつ持続可能で、民生に恩恵をもたらすことを目標としており、「一帯一路」共同建設のレベルを絶えず向上させ、共同建設国家との互恵ウィンウィンを実現し、世界経済の発展に新たな道を切り開いてきた。中国はラオスなどの「一帯一路」沿線諸国と共に、より緊密な「一帯一路」パートナーシップの構築を加速させ、人類運命共同体の構築を推進していきたい。

習近平・トンルン両氏、中国ラオス鉄道開通式典に出席

3日午後、中国ラオス鉄道開通式典にオンライン方式で出席した習近平氏(右上)とトンルン氏(左上)。(北京=新華社記者/李響)

 トンルン氏は次のように表明した。ラオス中国鉄道は、ラオスの「ランドロック」から「ランドリンク」への転換戦略と「一帯一路」構想が深く結び付いた絆であり、経済・社会の発展を大きく促す。ラオスは中国と共に同鉄道を維持、運営し、両国と地域の人々にさらなる幸福をもたらし、地域の相互接続と発展・繁栄の促進に貢献していきたい。