香港健康コード、申請は10日から

© HKP

特区政府創新及科技局は12月2日、中国本土との出入境再開に向けて香港健康コード申請の詳細を発表した。3日付香港各紙によると、香港健康コードの申請は実名登録、住所、身分証番号、電話番号などの情報が必要となる。市民は10日午前9時から香港健康コードのホームページで登録が可能。「安心出行」はその際にバージョン3.0にバージョンアップされ、市民が過去21日の行動記録をアップロードするのに便利となる。創新及科技局の薛永恒・局長は、検疫免除による出入境を申請するには香港健康コードを通じて広東省健康コードまたはマカオ健康コードへの転換を申請しなければならないと説明。出入境の必要がない市民は香港健康コードを申請するかどうかと「安心出行」をバージョンアップするかどうかを自身で決定できるという。香港健康コードは本土との出入境再開の最終段階であり、財界は経済再生に活力が加わり来年の香港経済に実質的な成長がもたらされると期待している。