貿易会社・オカダ 中国メーカーが開発した、三輪電動バイク先行販売 CFで2モデル、倒れにくく安定走行

© 株式会社中部経済新聞社

30~60代をターゲットに市場拡大を図る

 貿易業務を手掛けるOkada(オカダ、本社一宮市大和町馬引郷東32の1の201、岡田豊社長、電話050.6879.9247)は2022年2月16日まで、三輪電動バイク「iTank(アイタンク)」をクラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」で先行販売、同年5月初旬から東京、名古屋、神戸の代理店を通じ本格販売に乗り出す。中国バイクメーカーのDoohanTechnology(ドゥーハンテクノロジー)が開発した2モデルで、初年度100台の販売を目指す。