アジアに200店舗! テクノロジー×コーヒーで話題の「Flash Coffee」が日本に初上陸

© 株式会社マイナビ

2020年の創業以来、またたくまにアジアで200店舗を展開するなど怒涛の勢いを誇るコーヒーチェーンをご存じだろうか。本社のあるシンガポールに加え、インドネシア、タイ、台湾、香港、韓国で人気を博している「Flash Coffee」だ。12月4日、東京・表参道に日本1号店をオープンする。

高品質アラビカ種コーヒー豆を100%使ったドリンクが270円から楽しめるほか、専用のアプリからオーダーすることでポイントが貯まり、さまざまな特典が受けられるのも魅力だ。早速紹介していこう。

テクノロジーでコストカット、アプリで楽しむ新しいコーヒーチェーンの形

「Flash Coffee」は受賞歴のあるバリスタが監修した高品質なコーヒーをお手頃価格で楽しめるコーヒーチェーン。専用のアプリを通して、注文・カスタマイズ・支払が可能で、来店時間の設定により、待ち時間なくドリンクを受け取ることができる(店頭での注文・購入も可能)。

「grab & go」スタイルを取ることで売り場面積を最小限にし、アプリからの注文受付により回転率を上げたことで、コストカットに成功。その分をドリンク価格に還元し、高品質・低価格を実現している。

さらに興味深いのが、アプリからの注文で付与される2つのポイント制度「Flash ポイント」「ロイヤリティポイント」だ。

「Flash ポイント」は注文するたびに付与されるもので、ポイントはドリンク購入時に利用することができる。

「ロイヤリティポイント」も同様に注文時に付与され、ポイント数に応じて「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」とランクもアップ。それぞれのランクを達成することでドリンク購入に使える「Flash ポイント」の付与率を上げることができる。

購入ポイント数に応じてアプリ利用者限定のお得な割引サービスが得られたり、購入商品や購入回数をもとに専用のクーポンが発行されたりと、アプリで注文すればするほどお得に楽しくドリンクが購入できる仕様となっている。

日本人好みの味わいとユニークなメニュー

アプリの注文・ポイント制度だけでなく、メニューもユニークだ。コーヒーは、抽出方法として"リストレット"(通常の量のコーヒー豆の半分の量の水で抽出するショートショットのエスプレッソ)を採用することで苦みを抑え、飲みやすい味わいに。ラテやカプチーノといった定番メニューにとどまらず、アボカドの粉末を加えた「アボカドラテ」(490円)や、日本限定の「みたらしラテ」(550円)といったラインナップもそろう。

2013年にワールドラテアートチャンピオンシップで優勝経験を持つバリスタコンサルタントの吉川寿子氏がドリンクの監修を行っており、バランスの良いブラジル産、華やかで豊かな酸味のグアテマラ・エチオピア産の豆をブレンド。本国オリジナルの味を尊重しながら、日本人好みの味に仕上げている。

2022年は、マレーシアやベトナム、フィリピンなどの進出で300店舗まで拡大し、日本でも関東を中心に、大阪、福岡など最大75店舗の展開を計画しているという「Flash Coffee」。ぜひ一度、体験してみてはいかがだろうか。