米ロ首脳、7日にテレビ電話会談

ウクライナ情勢焦点に

© 一般社団法人共同通信社

バイデン米大統領、ロシアのプーチン大統領(いずれもゲッティ=共同)

 【ワシントン、モスクワ共同】米ホワイトハウスは4日、バイデン大統領とロシアのプーチン大統領が7日にテレビ電話による首脳会談を行うと発表した。バイデン氏は会談で、ロシア軍のウクライナ国境での部隊増強に懸念を表明し、米国はウクライナの主権と領土保全を支援すると伝達する。米ロ間の戦略的安定性やサイバー問題についても協議。核軍備管理も議題になるとみられる。

 米国はロシア軍がウクライナ侵攻を準備しているとみて警戒を強めている。バイデン氏は3日、軍事行動をプーチン氏に思いとどまらせるため「最も包括的で意味のある一連の取り組みをまとめている」と述べた。