加藤浩次、フジ深夜でサッカー特番「未来が見えたような気がしました」

© 株式会社マイナビ

お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次がMCを務めるテレビ静岡・フジテレビ系サッカー特番『激論! サッカー2050 世界一は夢のままか』が、12日(25:00~)に放送される。

この番組は、JFAが掲げた「2050年ワールドカップで優勝」という目標が本当に実現することができるのか、これからの日本サッカーについて徹底討論。加藤をMCに、海外クラブも経験したサッカー元日本代表・中田浩二氏、同じく元日本代表で2012年にはJリーグ得点王とMVPを獲得したストライカー・佐藤寿人氏の元選手2人が登場。さらに、本田圭佑選手の兄にして、選手と海外クラブを繋ぐFIFA公認代理人である本田弘幸氏、海外サッカーからJ3まで年間約300試合を視聴するサッカー通の慶応義塾大学教授・宮田裕章氏も参戦し、5人の論客が独自の目線で日本サッカー界に一石を投じる。

最初のテーマは、日本代表の課題として長年叫ばれる「決定力不足」。現在行われているサッカーワールドカップ2022・カタール大会に向けた最終予選でも、アジア諸国を相手になかなか得点が奪えず苦戦を強いられている。そんな中、日本で世界に通用する絶対的ストライカーを育てることはできるのか?そのためには何が必要なのか、VTRとともに徹底討論。生粋の点取り屋・佐藤寿人氏が持論を熱く語る。さらに、日本代表通算50ゴールで、現在もスペインでプレーを続ける侍ストライカー・岡崎慎司選手に、番組独占インタビューを敢行する。

続いては、「誰も彼もが海外を目指す風潮」について。ひと昔前までは選ばれし者にのみ開かれた海外への扉。だが現在、海外移籍自体は珍しくもなくなり、海外でプレーする日本人選手は50人以上。では、日本人選手の評価は高まったのか。海外事情を知り尽くす本田弘幸氏は「むしろ下がったのでは…」と語る。

VTRでは、ドイツ・ブンデスリーガで7年半プレーしキャプテンも務めたヴィッセル神戸・酒井高徳選手が、「Jリーグとヨーロッパの違い」を痛烈に指摘。同じくドイツでのプレー経験を持つFC町田ゼルビア・鄭大世選手は、海外での日々を「地獄だった」と激白。誰も彼もが目指す「海外」は、日本と何が違うのか。選手が持つべき“覚悟”とは。

一方で、国内での“育成の可能性”も取材。日本サッカー界のレジェンド・風間八宏氏が唱える、大胆な発想での育成改革とは…。加藤も「変わるときですね…」と、日本サッカー界への期待を語る。

収録を終えた加藤のコメントは、以下の通り。

――収録を終えての感想をお願いします。

いろんな角度から、これからのサッカーについての話ができて楽しかったです!元サッカー日本代表選手、代理人、大学教授と様々な視点を持った方たちのお話から、朧気ながらも今後の日本サッカーの未来が見えたような気がしました。ぜひ皆さんにも見て頂きたいなと思います!

――特に印象に残ったトークパート

今後の選手育成についての話です。2050年にワールドカップで日本代表が優勝するには、やっぱり育成がどのように変われるのかというところが、この番組を通して一番大事だと感じました。視聴者の皆さんも、そこを是非注目して見て頂きたいです。

――2050年ワールドカップ優勝について、収録の前と後で印象は変わりましたか?

今日、スタジオにいらっしゃった有識者の方々のお話を聞いていると、「もし、これが実行されたらワールドカップ2050年の優勝も夢ではない!」と思いました。期待から確信に変わった感じはありました。

――何割くらいの確信に変わりましたか?

5分5分ですかね(笑)!この番組をきっかっけに50%まで可能性が広がるっていうことは、すごいことだと思います!

――番組を楽しみにしている視聴者にメッセージ

この番組に出演させて頂いて思ったのは、「今の日本全体がどう変わらないといけないのか」ということが、サッカーを通じて分かる部分もあるということです!サッカーファンはもちろんのこと、サッカーファンではない方にも、この番組は面白い内容となっていると思います。是非ご覧ください!