THE RAMPAGE後藤拓磨もゲームに没頭! 新曲MVは「最高に温かさが出た作品に」

© 株式会社マイナビ

16人組ダンス&ボーカルグループ・THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの後藤拓磨にインタビュー。ニューシングル「LIVING IN THE DREAM」(発売中)の魅力や制作の裏話、自身の夢などについて話を聞いた。

「LIVING IN THE DREAM」は、“未来の夢”に向かってがむしゃらに生き抜こうとする張り詰めた気持ちを優しくほぐし、そっと背中を押してくれるようなポジティブなメッセージを込めた楽曲。振り付けはメンバーの与那嶺瑠唯が担当し、“夢の中を自由に羽ばたき生きている”イメージで作成したというサビの振りは、“フラッターダンス"と名付けられている(フラッター=羽ばたくという意味)。

――「LIVING IN THE DREAM」の魅力をどう感じていますか?

僕たちは、ゴリゴリでいくか、しっとりでいくか、どちらかに振り切っていることが多いですが、今回はそのちょうど中間だなと思っています。リラックスしながら気持ちを高められるような、僕たちにとって新しい表現方法になった楽曲になっているので、肩の力を抜いてリラックスして聴いてもらえたらいいなと思っています。

――ダンスのポイントを教えてください。

メンバーの瑠唯さんが振り付けしてくださって、わかりやすい大振りの振りもあるので MVを見て楽しんでもらえたら。サビの「LIVING IN THE DREAM」での、腕を広げるキャッチーな振り付けがポイントです!!

――MVの魅力や撮影で印象に残っていることは?

THE RAMPAGEのMV史上、良い意味で最高に温かさが出た作品になったと思っています。普段ゴリゴリに踊りまくっていますが、今回はこれで大丈夫かと心配になるくらい踊ってなくて、それが印象に残っています(笑)

――最近の活動で特に印象に残っていることを教えてください。

「REBOOT」ツアーでドーム公演が実現したことです。

――2021年はご自身にとってどんな年になっていますか?

自分を見つめ直す年になっています。

――最近ハマっていることなど、Myニュースを教えてください。

ApexというFPSゲームに没頭しています。

――グループ内のニュースは?

Apexが流行っています!! 最近は(神谷)健太さんも始めました!!

――楽曲テーマ「夢」にちなみ、ご自身の夢をお聞かせください。

まずは本職であるパフォーマーとしてのスキルを最大限まで磨くのが目標ですが、ファッションが大好きなのでそっちの分野でももっと認知してもらって、いろいろな方々とお仕事していけたらうれしいなと思っています。

――年内に叶えたい夢は?

最近すごくFPSゲームにハマっていて、やり続けることでだいぶ上達したなと感じ始めています。メンバーの(川村)壱馬さんや(武知)海青さんが大会に参加されているので、僕もできたら今年中に挑戦できたらいいなと思っています!

■後藤拓磨

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのパフォーマー。2014年に開催された「GLOBAL JAPAN CHALLENGE」にて候補メンバーとして選出。同年9月に開催された武者修行ファイナルで、正式メンバーとなる。2017年1月25日、1stシングル「Lightning」でメジャーデビュー。カメラを得意とし、メンバーを撮影したものがアルバム特典のphotobookに使用されるなど活動の幅を広げている。