【韓国】ポスコケミ、人造黒鉛の負極材工場完工[製造]

© 株式会社NNA

韓国鉄鋼大手ポスコグループ傘下のポスコケミカルは2日、慶尚北道浦項市のブルーバレー産業団地に建設中の人造黒鉛を使った負極材工場の第1工期が完工したと発表した。人造黒鉛の負極材はこれまで全量を日本や中国から輸入していたが、これを機に国内生産が可能となる。

完工したのは年産8,000トン規模の工場で、これは電気自動車(EV、60キロワット時基準)約21万台に供給できる規模となる。第2工期(年産8,000トン)は2023年の完工を目指す。ポスコケミカルは同工場の建設のため計2,307億ウォン(約221億円)を投じた。

■原料から素材まで一貫生産

ポスコケミカルはこれにより、国内で唯一、2次電池の中核部材である正極材と人造黒鉛・天然黒鉛の負極材を国産化。人造黒鉛の原料であるニードルコークスは子会社のPMCテックが製造しており、グループ内で原料から素材の生産まで一貫して手掛けることになった。

ポスコケミカルは、慶尚北道浦項市の人造黒鉛を使った負極材工場を完工=韓国(同社提供)