6日(月)近畿~関東はくもりや雨 西と北の地域は広く晴れ

© 株式会社ウェザーマップ

 6日(月)は、湿った空気や上空の寒気の影響で、近畿~関東は、雲が広がり、雨が降る所がある見込み。特に、紀伊半島付近では、大気の状態が不安定になり、局地的に雷を伴った激しい雨が降るおそれがあり、注意が必要だ。
 一方で、西と北の地域は、広く晴れて、日中の寒さは和らぐ見込み。

6日(月)近畿~関東はくもりや雨 紀伊半島付近は激しく降るおそれも

 6日(月)は、高気圧の縁をまわって湿った空気が入り、上空に寒気を伴った気圧の谷が通過するため、近畿~関東は雲が広がりやすく、雨が降る所がある見込み。特に紀伊半島付近は、大気の状態が不安定になる見込みで、既に南北に伸びた雨雲がかかっている。局地的に雷を伴った激しい雨が降るおそれがあるため、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒し、竜巻などの激しい突風にも注意が必要。
 また、日差しがない地域では、昼間も気温はあまり上がらないため、空気はヒンヤリと感じられそうだ。

6日(月)西と北の地域は広く晴れ 日中の寒さは和らぐ

 一方で、6日(月)は、九州や中国・四国地方、北日本は、日中は穏やかに晴れる所が多くなる見込み。けさ(6日)は冷え込んだ所も多かったが、日中の気温は平年並みか高い所が多く、日差しにほっとできそうだ。
 最高気温は、鹿児島で19℃、福岡で17℃、広島で15℃、仙台で10℃、札幌8℃まで上がる見込み。ただ、その分、朝晩と日中の気温の差が大きくなるので、脱ぎ着しやすい服装で調節したい。

今週前半は東日本中心に雨 全国的に高温傾向

 今週前半は、東日本を中心に湿った空気が流れ込みやすく、くもりや雨になる見込み。8日(水)ごろは、関東や東北の太平洋側を中心に雨や風が強まるおそれがある。
 また、今週は寒気の流れ込みが弱く、冬型の気圧配置になる日は少ないため、日本海側も晴れる日が多くなる見込み。気温も平年より高い所が多く、広い範囲で寒さは和らぎそうだ。

(気象予報士・大隅智子)