富士フイルム、中国江蘇省の蘇州ハイテク産業区に「培地」のサービス拠点

© 新華社

富士フイルム、中国江蘇省の蘇州ハイテク産業区に「培地」のサービス拠点

1日、蘇州で行われたイノベーション&コラボレーションセンター(ICC)の発足式。(資料写真、蘇州=新華社配信)

 【新華社南京12月6日】日本の富士フイルムはこのほど、中国江蘇省の蘇州ハイテク産業開発区(蘇州高新区)に細胞や微生物の培養に必要な「培地」をカスタマイズ生産するサービス拠点「イノベーション&コラボレーションセンター(ICC)」を新設すると発表した。

 中国現地法人「富士膠片(中国)投資」の田中健一総経理によると、ICCは富士フイルムのライフサイエンス事業の重要な一環で、初期投資額は1950万元(1元=約18円)を見込む。富士フイルムグループの強大な研究開発力と品質管理力を支えに、培地のカスタマイズサービスを提供することで、バイオ医薬企業の発展に寄与したいとしている。

 富士フイルムのグループ会社がこれに先立ち、新会社「富士膠片欧文生物技術(蘇州)」の登録認可を蘇州高新区から取得。1日に蘇州で営業許可証の授与式とICCの発足式が行われた。(記者/劉巍巍)