中国が建設支援したキルギスのかんがいプロジェクトが供用開始

© 新華社

中国が建設支援したキルギスのかんがいプロジェクトが供用開始

中国が建設支援したキルギスのかんがいシステム改造プロジェクト。(2020年11月4日撮影、貴陽=新華社配信)

 【新華社貴陽12月6日】インフラ建設大手、中国中鉄傘下の中鉄五局集団によると、中国が建設を支援したキルギスかんがいシステム改造プロジェクトの1号かんがい区点滴システムがこのほど、同国バトケン州水利局に引き渡された。これにより同プロジェクトの供用が開始した。

中国が建設支援したキルギスのかんがいプロジェクトが供用開始

中国が建設支援したキルギスのかんがいシステム改造プロジェクト。(2020年11月4日撮影、貴陽=新華社配信)

 今回のシステムは「一帯一路」の枠組みの下で実施された実務協力プロジェクトであり、中国がキルギスを支援した最初の農業プロジェクトでもある。中鉄五局集団が建設を請け負い、2018年5月3日に着工した。総延長87キロで三つのかんがい区に分かれ、水路の改修や新設などが行われた。

中国が建設支援したキルギスのかんがいプロジェクトが供用開始

中国が建設支援したキルギスのかんがいシステム改造プロジェクト。(2020年11月4日撮影、貴陽=新華社配信)

 システムの完成により、キルギス国民の生活用水不足や大規模荒廃農地といった問題が改善され、現地のかんがい面積が約2310ヘクタール、給水保証率が約1万1千ヘクタール分増加し、2万人余りに恩恵がもたらされる。また、プロジェクトの実施により、約400人分の雇用が生み出された。(記者/蒋成)