今週前半 東日本中心に天気崩れる 関東は気温上がりにくい 真冬並みの寒さも

© 株式会社ウェザーマップ

6日(月)~8日(水)の天気と予想最高気温

 今週の前半は、地域によって天気や気温に差がありそうだ。北・西日本で晴れる地域がある一方で、近畿や東日本ではすっきりしない天気が続く見込み。また、きょうは東日本の太平洋側で気温が上がりにくいが、あさって8日(水)は東京など関東で一段と寒くなる可能性がある。

冷たい雨の所も

6日(月)昼過ぎと夜の天気分布予想

 きょう6日(月)は湿った空気などの影響で、近畿や東日本で雲が広がりやすくなっている。東海や北陸など、すでに雨の降っている地域もあるが、関東甲信や東北にかけても、夜にかけて天気の崩れる所がありそうだ。紀伊半島付近は局地的に雨雲が発達し、雨脚の強まる所がある見込み。東日本の太平洋側は12月中~下旬並みの気温で、午後も肌寒い状態が続きそうだ。

 一方、九州や中国、四国、北海道などは、6日(月)午後も晴れる所が多く、各地ともきのうより気温が高くなりそうだ。九州や四国は15℃を超えて、過ごしやすい見込み。

火~水 東日本中心にぐずつく

7日(火)正午と午後8時の雨と雲の予想

 あす7日(火)日中は近畿や東海、北陸を中心に天気が崩れる見通し。夜にかけて雨の降る範囲が広くなり、山陰や関東甲信でも本降りの雨となる所がある見込み。一方、九州や四国は7日(火)も晴れる所が多く、高知や鹿児島は20℃前後と昼間は気温が高めとなりそうだ。

7日(火)~8日(水)の東京の時系列予報

 8日(水)日中も、東日本や東北南部は雨の所が多く、特に関東甲信や東北は気温が低く冷たい雨となりそうだ。東京都心はほとんどの時間、10℃を下回っている可能性があり、北風も強めに吹くため、屋外での長時間にわたる作業などは寒さ対策が必要になりそうだ。九州や四国、北海道などは8日(水)も晴れて、この時季としては気温が高めとなる見込み。

週後半の天気

9日(木)~12日(日)の天気と予想気温

 9日(木)は全国的に晴れる予想で、北陸など日本海側でも日差しが多くなりそうだ。10日(金)は雲が広がりやすいが、週末は太平洋側で晴れる所が多い見込み。週末は日本海側で曇りや雨(雪)の所が多いものの、気温は高めで特に強い冷え込みはなさそうだ。

(気象予報士・高橋和也)