中連弁主任、共産党の指導を強調

© HKP

特区政府と中央人民政府駐香港特区連絡弁公室(中連弁)は「国家憲法日」に当たる12月4日、「憲法と1国2制度」をテーマにしたオンライン座談会を開催した。5日付香港各紙によると、中連弁の駱惠寧・主任は憲法が1国2制度体系の根幹を確立したとして「憲法による授権がなければ香港特別行政区はなく、香港基本法もなく、1国2制度の方針の具体化、法律化、制度化もなく、香港返還時の平穏な過渡期と政権の順調な移行もない」と述べた。さらに特区の憲政秩序を守るには中国共産党の指導的地位の尊重し守ることが必須として「香港特区における憲法の最高的地位を認めず、中国共産党の指導を尊重せず、香港特区がどのようにできたかを忘れれば、実際的に1国2制度の憲政的根幹を否定することになる」と強調した。