ワン・イーボーは中国芸能界の「四刀流スター」になれるか?

© 株式会社 Record China

中国のポータルサイト・捜狐に5日、ワン・イーボー(王一博)は「四刀流スター」になれるかとの記事が掲載された。

同記事は、中国芸能界で映画、テレビ(ドラマ)、ダンス、歌のいずれでも活躍する「四刀流スター」の筆頭として、中国のアイドルユニットTFBOYSのイー・ヤンチェンシー(易[火羊]千璽)を挙げた。

映画「送你一朵小紅花」に主演したイー・ヤンチェンシーは、このほど発表された第34回中国映画金鶏賞(ゴールデンルースター賞)主演男優賞の候補にノミネートされている。同賞ノミネートは昨年(「少年の君」)に続いて2度目となる。

また、自身の誕生日である11月28日にリリースした新曲「四字歌」は、リリースからわずか1時間で9万9999件のコメントが付いたほか、QQ音楽の「新曲ランキング」「急上昇ランキング」「流行指数」などで軒並み1位を獲得した。

イー・ヤンチェンシーは演技や歌だけでなく、ダンスにたけていることも有名。同記事はテレビドラマへの出演は少ないとしながらも、「中国の新世代スターの中で唯一の『四刀流スター』と言っていいはずだ」と評価した。

一方で、同じく「四刀流スター」になれそうな人物としてワン・イーボーとEXOのメンバー・レイ(張芸興/チャン・イーシン)の名前を挙げた。2人は共に歌手であり、ダンスもハイレベル。加えてドラマでの実績だけならイー・ヤンチェンシーを上回るとした。

ポイントとなる映画について、記事はワン・イーボーに「良いストックがある」と説明。来年中国で公開予定の国連平和維持活動をテーマとした「維和防暴隊」や、トニー・レオン(梁朝偉)と共演するスパイ映画「無名」を挙げた。

特に「無名」は、コロナ禍で闘う中国の医師を描いた「アウトブレイク 武漢奇跡の物語(原題:中国医生)」、朝鮮戦争中の有名な戦いを題材とした「長津湖」に続く「中国勝利三部作」の第三部と位置付けられている。

記事は、イー・ヤンチェンシーが「アウトブレイク」「長津湖」に出演し、ワン・イーボーが「無名」に出演することは、ワン・イーボーにかけられる関係者からの期待が大きく、映画界で大きく飛躍する可能性があることを物語っていると考察。上記2作品の興行収入が50億元(約886億円)を越えれば「イー・ヤンチェンシーとの距離も遠くなくなる」と評している。(翻訳・編集/北田)