中国の風力発電設備容量、3億kW突破 12年連続世界一

© 新華社

中国の風力発電設備容量、3億kW突破 12年連続世界一

江蘇省揚州市宝応県にある風力発電プロジェクト。(11月3日撮影、小型無人機から、揚州=新華社記者/李博)

 【新華社北京12月6日】中国の風力発電設備容量は11月末時点で3億15万キロワット(kW)に達し、12年連続で世界一を維持した。2016年末と比べて倍増し、昨年末の欧州連合(EU)の1.4倍、米国の2.6倍だった。中国国家能源(エネルギー)局がこのほど明らかにした。

 風力発電が全国の発電設備総容量に占める割合は、昨年末と比べて0.3ポイント上昇の13.0%、発電量が社会全体の電力使用量に占める割合は1.3ポイント上昇の7.5%で、風力発電ユニットの世界シェアは3分の2以上となっている。同時に、風力発電産業における技術革新も急速に進んでおり、大規模なメガワット級の風力発電機やコア部品の自主開発・製造能力を備えている。