中国、預金準備率を0.5%引き下げへ

© 新華社

中国、預金準備率を0・5%引き下げへ

中国人民銀行。(資料写真、北京=新華社配信)

 【新華社北京12月6日】中国人民銀行(中央銀行)は6日、同行が金融機関から預かる資金の比率「預金準備率」を15日から0.5%引き下げると発表した。実体経済の発展を支援し、総合的な資金調達コストを着実に低減させる。現行の預金準備率が5%の金融機関は対象外で、今回の引き下げにより加重平均の預金準備率は8.4%になる。