人民主体の「実質の民主」は最も役立つ社会主義の民主主義 「全人類共通価値の追求と模索」リポート

© 新華社

人民主体の「実質の民主」は最も役立つ社会主義の民主主義 「全人類共通価値の追求と模索」リポート

 【新華社北京12月7日】新華社のシンクタンク、新華社国家高端智庫は7日、リポート「全人類共通価値の追求と模索-中国における民主主義・自由・人権の実践」を発表した。

 リポートは次のように指摘した。中国は自らの実情に立脚し、民主的価値の実現に向けた革新的で正しい道を模索し、人民を主体とする「実質の民主」を追求する。これは全プロセス、全方位、フルカバーの「全過程の人民民主」、善政の「統治型民主」、活力のある「効率型民主」、知恵を集める「動力型民主」、検証可能な「系統性民主」であり、つまるところ最も幅広く、最も真実で、最も役に立つ社会主義の民主主義である。