中国共産党は人民の根本的利益を代表 「全人類共通価値の追求と模索」リポート

© 新華社

中国共産党は人民の根本的利益を代表 「全人類共通価値の追求と模索」リポート

貧困救済政策により、農村から市街地に移り住んだ甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県の貧困世帯。(2月7日撮影、臨夏=新華社記者/馬莎)

 【新華社北京12月7日】新華社のシンクタンク、新華社国家高端智庫は7日、リポート「全人類共通価値の追求と模索-中国における民主主義・自由・人権の実践」を発表した。

 リポートは次のように指摘した。中国共産党は特別な意味を持つ政党であり、最も幅広い人民の根本的利益を代表しており、いかなる利益集団、権勢団体、特権階層の利益も代表しておらず、その国政運営は国家の長期的安定に目を向けており、短期的な選挙の競争のためではない。先進政党の顕著な特徴として、中国共産党は終始人民の利益の角度に立ち、人類と時代の進歩の流れに順応し、全局を総覧するとともに、各方面を連携させ、各派の政治力、各種の政治資源を団結、組織し、全人民の幸福と中華民族の復興をはかっており、独自の行動論理を持っている。