中国人民は国家統治に参与する権利をもつ 「全人類共通価値の追求と模索」リポート

© 新華社

中国人民は国家統治に参与する権利をもつ 「全人類共通価値の追求と模索」リポート

 中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第4回会議の会場。(3月5日撮影、北京=新華社記者/李響)

 【新華社北京12月7日】新華社のシンクタンク、新華社国家高端智庫は7日、リポート「全人類共通価値の追求と模索-中国における民主主義・自由・人権の実践」を発表した。

 リポートは次のように指摘した。民主とは、人民が国家の主人となり、国家と社会の各事業に参与し、管理することを意味する。中国では、人民が国家統治に広く参与する権利を有しており、それが民主選挙、民主協商、民主決定、民主管理、民主監督の各段階に現れている。このような「全過程の人民民主」は、過程の民主と成果の民主、プロセスの民主と実質の民主、直接的な民主と間接的な民主、人民の民主と国家の意思との統一を追求している。