北京市延慶区で初めてタンチョウを確認―中国

© 株式会社 Record China

北京市延慶区自然保護地管理処のパトロール員は4日、野鴨湖自然保護区でクロヅルに似たツル2羽を発見した。その後、科学研究モニタリング科のスタッフが現場に駆け付け、中国国家一級重点保護野生動物に指定されているタンチョウであることが確認された。延慶区でタンチョウが確認されたのはこれが初めてのことだ。北京青年網が伝えた。

現時点での調査では、この2羽は2017年以後に生まれたタンチョウで、黒竜江省チチハル市扎竜国家級自然保護区から飛来してきたとみられている。1羽についている識別環に「扎竜野放鳥タンチョウ」と書かれていたためで、もう1羽は野生のタンチョウとみられている。扎竜野で放鳥されたタンチョウが、野生のタンチョウとはるばる野鴨湖まで飛来してきたとみられており、詳しい状況は今後の調査が待たれる。

「国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストの絶滅危惧種に登録されているタンチョウは、きれいな水がある湿原に生息し、湿地の環境の変化に非常に敏感なバイオロジカルインジケータとなっている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)