ビル屋上から下を眺めるパンダ、成都にまた新たな観光スポット―中国

© 株式会社 Record China

四川省成都市にある339テレビタワーの総合施設屋上に、うつぶせになってビルの下を眺めるようなデザインの巨大パンダが登場した。パンダの2本の前足はまだ取り付け工事が終わっていないものの、あどけない表情で階下の府河橋を歩く人たちを眺めるパンダの頭部はすでに完成し、道行く人たちはそんなかわいらしいパンダを眺めては思わず笑みを浮かべている。その素材やデザイン、サイズなどから、同市の商業施設・成都IFSの「親戚」ではないかという声のほか、このパンダの登場で339パンダテレビタワーもようやく名実共に「パンダ」の名所になるのではという声も上がっている。

このビルの上から階下を眺める巨大パンダは、年末には完成の予定。このパンダが完成すると、橋のたもとにある歩道から見上げて撮影すれば、かわいらしいパンダと、四川省の名物「盖碗茶(ふたつき茶碗)」をデザインしたテレビタワーのツーショットが可能となり、これによりランドマークとパンダによる成都の都市のイメージが完成することになる。(提供/人民網日本語版・編集/KM)