人民の積極性を引き出すことが最大の民主 「全人類共通価値の追求と模索」リポート

© 新華社

人民の積極性を引き出すことが最大の民主 「全人類共通価値の追求と模索」リポート

第13期全国人民代表大会(全人代)第3回会議の閉幕後に人民大会堂を後にする全人代代表。(2020年5月28日撮影、北京=新華社記者/邢広利)

 【新華社北京12月7日】新華社のシンクタンク、新華社国家高端智庫は7日、リポート「全人類共通価値の追求と模索-中国における民主主義、自由、人権の実践」を発表した。リポートは次のように指摘した。

 人民の主体的地位を堅持し、人民の積極性を十分に引き出すことは、中国共産党によって不敗の地に立つ強大な基礎と見なされている。鄧小平(とう・しょうへい)氏の有名な言葉に「積極性を引き出すことが最大の民主である」というものがある。民主がなければ、中国の奇跡はなかったと言えよう。政治や経済など全方位の改革を通じて民主を拡大し、人民の積極性と自発性、創造性を引き出し、生産力を発展させ、人民を本当の意味で改革と社会建設に参与させたことこそ、中国の改革開放後の現代化建設が加速した重要な要因である。