ジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス、ルピタ・ニョンゴらが国際テロ組織に立ち向かう! スパイ・アクション『355』公開決定

© ブロードメディア株式会社

映画『355』メインビジュアル(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

ジェシカ・チャステインペネロペ・クルスルピタ・ニョンゴダイアン・クルーガーファン・ビンビンら実力派女優が出演する映画『355』が、2022年2月4日より全国公開されることが決定。併せて本ビジュアルと場面写真が解禁された。

本作は、世界中を混乱に陥れる最新テクノロジーを巡り、世界中のすご腕女性エージェントが集結し、過酷なミッションに挑むスパイ・アクション作品。「355」は、18世紀米国の独立戦争時代に実在した女性スパイのコードネームから取られている。

各国エージェントを演じるキャストには、『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー賞にノミネートされたジェシカ・チャステイン、『それでも夜は明ける』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したルピタ・ニョンゴ、カンヌ映画祭での受賞歴のあるダイアン・クルーガーペネロペ・クルス、そしてアジアを代表するファン・ビンビンら。監督は『X‐MEN:ダーク・フェニックス』で初監督したサイモン・キンバーグ。

格闘術のスキルが高いCIAのメイス(ジェシカ・チャステイン)、過去にトラウマを抱えるBND(ドイツ連邦情報局)のマリー(ダイアン・クルーガー)、最先端のコンピューター・スペシャリストでMI6のハディージャ(ルピタ・ニョンゴ)、コロンビアの秘密情報組織に所属する優秀な心理学者グラシー(ペネロペ・クルス)、中国政府で働くリン・ミーシェン(ファン・ビンビン)。秘密兵器を求め各国から5人の女性エージェントが集結、ライバル同士からチームとなり、コードネーム「355」を結成。それぞれの才能を駆使して、世界をカオスに陥れるテクノロジーデバイスを利用しようとする国際テロ組織に立ち向かっていく。果たして第3次世界大戦を阻止することはできるのかー。

ビジュアルには、ジェシカ・チャステインを中心に5人の実力派が並んでおり、その背景に各国エージェントの国旗が見える。まさしく『オーシャンズ11』のような、女性エージェントの精鋭たちが集結したと思わせるビジュアルとなっている。

場面写真は、ジェシカ、ダイアン、ルピタの3人が銃を構えているところ。激しいアクションを想像させるカットとなっている。

映画『355』は、2022年2月4日より全国公開。