"F-35戦闘機"が機材トラブルで「緊急着陸」…航空自衛隊・三沢基地 函館空港で一時滑走路を閉鎖

© 北海道文化放送株式会社

12月8日午後、北海道函館空港に航空自衛隊のF-35戦闘機が緊急着陸しました。

航空自衛隊によりますと、午後0時20分ごろ、青森県の三沢基地に所属する戦闘機1機が緊急着陸しました。

戦闘機は何らかの機材トラブルがあったものと計2機が着陸していて、どちらも隊員1人ずつが搭乗し、ケガはないということです。

2機はF-35Aと呼ばれる戦闘機で、航空自衛隊が調査しています。

この緊急着陸で、函館空港は午後0時22分から9分間、滑走路を閉鎖しました。民間機は欠航は出ていませんが、遅れが複数出ているということです。