「ラムのラブソング」Rebootプロジェクト、ケロケロボニトの参戦が決定

© 株式会社マイナビ

1981年に発売され、40年を迎えた現在となっても全世界でファンが多数存在するアニメ『うる星やつら』のオープニング曲「ラムのラブソング」の世界中に広がるリミックスプロジェクトに、イギリスを拠点に活動するエレクトロポップユニットのケロケロボニト(Kero Kero Bonito)が参加するシリーズ第三弾が2022年1月26日にデジタルリリースされることが決定した。

本プロジェクトは「ラムのラブソング」の作曲家である小林泉美が、ロンドンで出会ったトラックメーカーのLimited Tossと共にセルフカバーした「ラムのラブソング(Reboot)」をデジタルリリースしたことを皮切りにスタート。

本日12月8日、そのリミックスプロジェクトの第一弾EP『ラムのラブソング (Reboot) Mimix EP.1』がデジタルリリース。本作には、リミキサーに水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミ、中国で絶大な人気を誇るトラックメイカー3asic(ベーシック)、大阪アンダーグラウンドで活動するLimited Tossといった3名の作品が収録されている。

続く2022年1月12日には、tofubeatsに加え韓国から新進気鋭の音楽プロデューサーT.won、様々な音楽を吸収し独自の世界を展開するSKYTOPIAの3名による第二弾EPの配信がスタート。そして、プロジェクトの最後を飾るのが2022年1月26日、イギリス発ユルカワラップの中に日本語詞を織り交ぜ独特なエレクトロポップサウンドで世界的に注目を集めるケロケロボニトのGUS BONITO、『うる星やつら』や『Dr.スランプ アラレちゃん』のテーマ曲や映画音楽への作曲で知られる安西史孝、ゲーム機などを駆使して演奏するファンクユニットのサイモンガー・モバイルの3組による第三弾EPがデジタルリリースされることとなった。

また、本日からスタートしたRebootプロジェクトのスタートを記念して特設サイト