日中が初めて自由貿易関係を構築し、WeChat越境モールLinkieBuyは2022年に日本の小売業が中国進出における重要なパートナーとなる

© JCN 株式会社

Hangzhou, China, 2021年12月8日 - (JCN Newswire) - 近日、日本工芸株式会社が中国でWeChatミニプログラムモールLinkieBuyを開設し、日本の特色のある工芸品を中国の消費者に直接販売している。これは日本の有名百貨店の三越伊勢丹、大丸松坂屋、松屋銀座、有名薬局チェーンのツルハドラッグ、サッポロドラッグストアなどの企業がWeChatミニプログラムモールLinkieBuyを開設したのに続き、日本の小売業者が中国市場で業務展開する新たな動きになる。

様々な業界への提供実績(WeChatのミニアプに基づく越境ECシステム画面)

近年、日中貿易には多くの変化が生じており、特に新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、多くの日本企業が越境ECによる中国市場へ参入。2022年1月1日に『地域包括的経済連携協定』(RCEP)が正式に発効・実施され、日中間で初めて自由貿易協定関係が構築され、域内の90%以上の貨物が段階的にゼロ関税を実現することは、日中貿易にとって大きな利点となる。政策が実施されれば、日本企業は中国市場に進出し、より多くの収益を得ることができる。しかしその一方で、中国の伝統的なECプラットフォームのトラフィックの伸び率が徐々に緩やかになってきていると同時に、物流、決済の安全性などは解決が難しい問題である。これと同時に、WeChatミニプログラムモールLinkieBuyが代表とする独立したソーシャルECが急速に台頭し、日本の多くの業者が中国に進出する重要な役割を果たす。

WeChatミニプログラムモールLinkieBuyは、中国最大のソーシャルメディア「WeChat」をベースに構築されたオンラインモールで、従来のECプラットフォームやアプリに比べて独立性が高く、開発やメンテナンスのコストが低い。LinkieBuyの専門SAASプラットフォームを通じ、最短3日間で自社のオンラインミニプログラムモールを作成し、中国の消費者に直接商品販売を行うことができる。親会社である行雲グループの資源に基づき、LinkieBuyはミニプログラム加盟店に対し国際物流、ミニプログラムモール代行運営、O2Oなど一連の対中貿易サービスを提供している。

「2022年は日中貿易の重要な年になります。我々行雲グループは、LinkieBuy業務において開発能力を高め続け、ミニプログラムモールの運営ツールを最適化していきます。ライブ配信、広告、コンテンツマーケティングなどの手段を通じて、継続的に業者のためにトラフィック課題を解決し、日本のオフライン小売業者により多くの取引をもたらします。」と、LinkieBuyのビジネスディレクター鄭強氏が述べた。

2022年、中日自由貿易関係の構築と発展に伴い、中日間の越境ECはより大きな発展のチャンスを迎え、中国市場での展開は日本の小売事業者とメーカーにとって重要な発展トレンドとなるだろう。中国最大の越境ECサービス企業であるLinkieBuyは引き続き、日本と世界中の企業により全面的な越境ECソリューションを提供し、世界の企業が中国市場によりスピーディーに、よりスムーズに進出できるよう支援していく。

Company: Xingyun Group

Contact Person: Coretta Huang

Email: huang.danying@xyb2b.com 

Website: http://www.linkiebuy.com/

Telephone: +8618810731681