パイロジェン検査市場は、年平均成長率(CAGR)13.1%を記録し、2030年には2512百万米ドルに成長すると予測される

© ソーシャルワイヤー株式会社

パイロジェン検査の世界市場規模は、2021年に1031百万米ドルでした。パイロジェン検査の世界市場は、2022年から2030年までの予測期間中、年平均成長率(CAGR)13.1%を記録し、2030年には2512百万米ドルまで成長すると予測されています。
パイロジェン検査は、細菌による汚染を排除するために、製造工程において必要不可欠な検査です。世界のパイロジェン検査市場は、製薬・バイオテクノロジー産業の成長、新薬の発売数の増加、キットベースの検査の導入増加などを背景に、大幅な成長が見込まれています。

レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol545

COVID-19インパクト分析

感染症の拡大やCOVID-19パンデミックの発生により、パイロジェン診断法の需要は着実に増加しています。医薬品の需要が大幅に増加したことで、微生物の有無を確認し、被害が拡大する前に排除するための効率的なパイロジェン検査の需要が高まった。
市場の成長に影響を与える要因
製薬会社、バイオテクノロジー企業、その他の医薬品製造企業は、パイロジェン検査法を使用して、安全な製造を行い、感染のない製品をエンドユーザーに提供しています。
バイオテクノロジーは、研究開発活動の重要な要素となっています。その結果、医薬品の製造過程において、微生物や代謝物の存在を評価する重要な要素となることが予測されます。
また、感染症の増加に伴い、パイロジェン検査の需要が増加することが予想されます。
発売やパートナーシップの増加は、世界のパイロジェン検査市場に利益をもたらすと予想されます。さらに、研究開発費の増加は、調査期間中、サービスプロバイダーに利益をもたらすでしょう。欧州製薬団体連合会(EFPIA)の報告書で共有されている情報によると、欧州の医薬品事業は2018年に36,500百万ユーロ以上を研究開発に投資しています。
地理的分析
地域的には、医療・製薬業界への政府投資の増加、医療費の増加、製薬業界の成長などにより、北米が最大のパイロジェン検査市場を占めています。また、感染症の増加が市場の成長にさらに貢献すると考えられます。
新薬導入のための研究開発活動の活発化も、世界のパイロジェン検査市場の成長に寄与します。
アジア太平洋地域は、研究開発活動の活発化、人口の増加、慢性疾患や感染症の蔓延などの要因により、急速な成長が見込まれています。
さらに、政府の取り組みの増加や医療費の増加などの要因が、予測期間中のパイロジェン検査市場にプラスの影響を与えると考えられます。

市場における競合他社

Associates of Cape Cod Inc.
Merck KGaA
Thermo Fisher Scientific Inc.
GenScript Charles River Laboratories Inc.
エラブA/S
ロンザグループ
WUXI Pharmatech (Cayman) Inc.
その他の有力企業

市場区分

世界のパイロジェン検査市場は、製品、検査、エンドユーザー、地域に分けて分析されています。
製品別
キットと試薬
サービス
機器
検査タイプ別
LAL検査
発色検査
濁度測定法
ゲルクロット試験
ウサギパイロジェンテスト
単球活性化試験
その他の検査法
エンドユーザー別
製薬・バイオテクノロジー企業
医療機器メーカー
その他のエンドユーザー
地域別
北アメリカ
米国
カナダ
メキシコ
ヨーロッパ
西ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
イタリア
スペイン
その他の西欧諸国
東欧
ポーランド
ロシア
その他の東欧諸国
アジア太平洋
中国
インド
日本
オーストラリア・ニュージーランド
ASEAN
その他のアジア太平洋地域
中東・アフリカ(MEA)
アラブ首長国連邦
サウジアラビア
南アフリカ共和国
MEAのその他の地域
南米
ブラジル
アルゼンチン
南米のその他の地域

レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol545