半導体IP市場は、年平均成長率(CAGR)6.4%を記録し、2030年には91億米ドルに成長すると予測される

© ソーシャルワイヤー株式会社

2021年の半導体IPの世界市場規模は57億米ドルでした。2022年から2030年までの予測期間中の年平均成長率(CAGR)は6.4%を記録し、2030年には世界の半導体IP市場は91億米ドルに成長すると予測されています。

レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol549

COVID-19インパクト分析

COVID-19の流行は、製造や販売に影響を与え、数多くの半導体企業に大きな影響を与えました。ロックダウン措置により、民生用電子機器や組み込み機器の需要が突然減少したため、半導体IPビジネスに支障をきたしました。さらに、自動車の輸出も減少したため、自動車部品の販売にも影響が出ました。このように、パンデミックの間、世界の半導体IP市場の成長は鈍化しました。
影響を与えている要因
グラフェン・トランジスタ、カーボン・ナノチューブ、自己組織化分子機械、量子コンピューティングなどが急速に普及しており、世界の半導体IP市場に有利な成長機会をもたらす。
また、スマートウェアラブル、スマートフォン、コネクティッドカー、e-ヘルスケア、スマートホームシステムなどのコネクティッドデバイスの普及が進むにつれ、パワーエレクトロニクスの統合に対する需要が高まり、世界の半導体IP市場の成長を促進しています。コンシューマーエレクトロニクス分野は、先端技術への需要の高まりにより、急速に成長しています。さらに、可処分所得の増加と消費者の選択肢の変化は、世界の半導体IP市場の将来を形成する上で重要な役割を果たします。
半導体IP産業は、製造コストや設計コストの削減により、最新のシステムオンチップ(SoC)設計に対する需要が高まるにつれて、急速に拡大するでしょう。
半導体IPの設計・製造コストの高さは、市場成長の大きな課題になると予測されます。
さらに、自動車分野では、IPコアの普及、自動化の導入、マイクロプロセッサユニット(MPU)、センサー、マイクロコントローラユニット、インターフェースなどのアプリケーションへの採用の増加により、急速な成長が見込まれています。したがって、世界の半導体IP市場に恩恵をもたらすことになるでしょう。
地理的分析
アジア太平洋地域は、半導体IP分野への大規模な投資、低い労働力コスト、家電製品の需要の高まりなどにより、半導体IP市場の急成長が見込まれています。また、処理速度の高速化、大容量の記憶装置、無線通信、RF対応などの機能を備えた先進的な電子機器の出現が、この地域の半導体IP市場の成長を後押しすると考えられます。

市場における競合他社

アーム社
シノプシス・インク
ケイデンス・デザイン・システムズ, Inc.
CEVA, Inc.
イマジネーション・テクノロジーズ・リミテッド
VeriSilicon
イー・メモリー・テクノロジー社
ラムバス・ドット・コム
ファラデーテクノロジー
ドリームチップテクノロジー
その他の有力企業

市場区分

世界の半導体IP市場は、設計別、エンドユーザー別、IPソース別、IPコア別、垂直方向別、地域別に分類されています。
デザイン別IP
プロセッサーIP
インターフェースIP
メモリIP
その他のデザインIP
IPコア別
ソフトコア
ハードコア
IPソース別
ロイヤリティ
ライセンシング
エンドユーザー別
IDM
ファウンドリー
OSAT
その他のエンドユーザー
分野別
コンシューマーエレクトロニクス
通信・データセンター
オートモーティブ
商用機器
産業機器
その他の業種
地域別インサイト
北アメリカ
アメリカ
カナダ
メキシコ
ヨーロッパ
西ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
イタリア
スペイン
その他の西欧諸国
東欧
ポーランド
ロシア
その他の東欧諸国
アジア太平洋
中国
インド
日本
オーストラリア・ニュージーランド
ASEAN
その他のアジア太平洋地域
中東・アフリカ(MEA)
アラブ首長国連邦
サウジアラビア
南アフリカ共和国
MEAのその他の地域
南米
ブラジル
アルゼンチン
南米のその他の地域

レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol549