滋賀県長浜生まれの鉄砲鍛冶師にして発明家「国友一貫斎」 鉄砲伝来の歴史と一貫斎の功績

© 株式会社ラジオ関西

◆「田辺眞人のラジオレクチャー」

12月3日は、鉄砲鍛冶師で発明家の国友一貫斎(くにとも・いっかんさい、9代目国友藤兵衛、1778—1840)の命日です。彼が生まれた1778年は田沼意次の時代。その後の寛政の改革、天保の改革を生き、亡くなった1840年は、坂本龍馬が5歳(※1)、13年後にペリーが黒船で浦賀にやって来る、そんな時代の人です。

琵琶湖東岸、滋賀県米原市に接する滋賀県長浜市。その「国友」という土地が、かつて鉄砲の産地だったことは知る人ぞ知るところです。

市立長浜城歴史博物館

日本に鉄砲が伝来したのは1543年。(この6年後にフランシスコ・ザビエルが日本に来ますが、彼の命日も「12月3日(※2)」です)。種子島に外国の船が漂着し、初めて見た異国の人に種子島の住民はさぞかし驚いたことでしょう。言葉は全く通じませんが、幸いなことに中国人が乗っていて、砂浜で筆談をしたことが最近になって分かりました。

異国の人が持っていた長い筒が、雷のような大きな音を出し、遠くの生き物が倒れるのを見て、島主の種子島時堯(たねがしま・ときたか)は衝撃を受けます。時は戦国時代、高額な鉄砲を2丁購入して、1丁は自分の職人に同じものを作らせ、1丁は薩摩の島津家にプレゼントしました。この時、もし島津家が先を読めていたら鹿児島で増産して天下統一ができたかもしれませんが、島津は将軍家に献上。足利将軍は刀鍛冶の村で有名な国友に、同じものを作らせました。

火縄銃

国友村は、素晴らしい技術を駆使してあっという間に同じものを作りましたが、最後まで悩んだのが筒の手前の栓です。単に蓋をしただけでは、火薬の爆発力に耐えられません。ここで初めて、日本になかったネジの文化が誕生するわけです。

瀬戸で量産した焼き物を「瀬戸物」と呼ぶように、鉄砲は「種子島」と呼ばれ、また当時は「国友鉄砲」とも言われていました。そして、鉄砲に目をつけた堺の商人が種子島に産業スパイを送り込み、技術を堺に持ち帰って、堺でも生産するのです。

日本の3つの鉄砲産地のうち、織田信長は近江の国友と泉州の堺の領地を押さえ、鉄砲を数多く手にすることに成功。これが信長の軍事的強みのひとつの源です。

国友村の国友家の当主は代々「国友藤兵衛」を名乗り、9代目が国友一貫斎です。一貫斎は鉄砲だけでなく、精密なレンズを磨き、1832年(天保3年)に60倍の望遠鏡作りに成功。その望遠鏡で天体観測をし、1835年(天保6年)に太陽の黒点を観測しました。土星や月のクレーターを詳しく図に描いたスケッチ(1836年、天保7年)も国友家には残っています。また本業の鉄砲鍛冶では、オランダの空気銃をもとに日本初のエアガンも制作しました。

2020年(令和2年)、国友家の調査で、レンズや砥石など貴重な資料がたくさん見つかりました。長浜市国友町の「国友鉄砲ミュージアム」では、鉄砲の歴史の資料や、国友一貫斎が制作した望遠鏡などが展示されていますので、長浜に行かれた時には、ぜひ立ち寄ってください。

「国友鉄砲ミュージアム」外観
「国友鉄砲ミュージアム」1階展示室

※ラジオ関西『田辺眞人のまっこと!ラジオ』2021年12月3日放送回、「田辺眞人のラジオレクチャー」より

※1 生年月日は、正確な記録が残っていないため諸説あり。

※2 国友一貫斎は旧暦の、フランシスコ・ザビエルは新暦の「12月3日」とされる。