中国の宅配便年間業務量が初めて1000億件を突破、8年連続で世界一―中国メディア

© 株式会社 Record China

中国国家郵政局の宅配便ビッグデータプラットフォームが8日にリアルタイムモニタリングをしたデータによると、2021年には中国の宅配便業務量が1000億件に達し、初めて年間1000億件を突破するとともに、8年連続で世界一になったという。新華社が伝えた。

同局の陳凱(チェン・カイ)副局長は、「宅配便のサポートによって実物商品のネット小売額、農産物の売り上げ、製造業の付加価値、国境を越えたECの売り上げが再び過去最高を更新した。現在、この業界では宅配便企業8社が上場に成功し、年間業務量100億件超かつ収入1000億元(約1兆7860億円)超規模の宅配便ブランドグループ3社を形成している。都市部と農村部をつなぎ、全国をカバーし、世界に広がる宅配便サービスシステムがほぼ構築され、宅配便営業所は郷・鎮のフルカバーをほぼ実現し、サービスネットワークは村レベルで急速に拡大し、1日当たりのサービス利用者はのべ7億人に迫り、毎年の新規雇用者数は20万人以上をキープしている」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)