拉致「助けるのが親の宿命」

有本恵子さんの父訴え

© 一般社団法人共同通信社

 兵庫県警本部(神戸市中央区)などで10日から北朝鮮による拉致被害者のパネル展が始まるのを前に、有本恵子さん=失踪当時(23)=の父明弘さん(93)=神戸市=が9日、同本部の会場を訪れ「何十年も娘の無事を祈ってきた。助けてやるのが親の宿命だ」と心境を述べた。

 パネル展は「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」(10~16日)に合わせて開催。県警本部や県庁など5カ所で、兵庫県に関わりのある拉致被害者や特定失踪者ら計29人の顔写真や失踪の経緯を掲示する。明弘さんが恵子さんへの思いを語った動画も流れる。

この記事はいかがでしたか?