宇宙人に遭遇したらボディーランゲージで交流?―中国メディア

© 株式会社 Record China

北京航天城で中国有人宇宙船「神舟12号」の乗組員3人が7日午後、メディアミーティングを行った。9月に帰還した乗組員がメディアの前に登場するのはこれが初めてのことだ。北京日報が伝えた。

メディアミーティングで、機長の景海鵬(ジン・ハイポン)氏は、帰還後の乗組員の回復状況や今後の計画について話し、「現時点で、乗組員の第2段階の活動が終わった。全体的に見て、3人の情緒は安定しており、メンタルも良好で、身体的にも予想通りの回復を見せている。健康回復評価の結論を待って、3人は通常の訓練活動に戻る」とした。

ミーティングで、乗組員らは名言を連発し、どの言葉からも将来に対する期待やまた宇宙へ行きたいという願いがあふれていた。3度目の宇宙飛行となった聶海勝(ニエ・ハイション)氏は、「私たち宇宙飛行士は皆、宇宙を飛行することだけを考え、宇宙飛行に生涯を捧げたい」とし、人々を感動させた。

また劉伯明(リウ・ボーミン)氏は、「船外活動に出る前、『宇宙人に遭遇するかな?』、『もし遭遇したら、何語で交流すればいいかな?』、『やはりボディーランゲージだろうか?』と考えた」とユーモラスに語った。(提供/人民網日本語版・編集/KN)