山口市プレミアム付商品券 「エール! やまぐち」は残り3週間、「中心商店街」は追加販売

© 株式会社サンデー山口

 今年8月に発売された「エール! やまぐちプレミアム共通商品券」の有効期限は、12月31日(金)。使用できるのは、残すところあと3週間となった。

 「商品券」1セット(1万円で販売)は、①大規模店(売り場面積1000平方メートル以上)・中小規模店共通券6000円分と②中小規模店専用券7000円分で構成。「デジタル商品券」(5万セット・6億5000万円分)と「紙商品券」(15万セット・19億5000万円分)に分けて販売された。

 利用可能な店舗および事業所は、ウェブサイト(https://yamaguchi-premium.com/)で確認できる。なお、有効期限後は一切使用することはできず、返金もされない。問い合わせは、「エール! やまぐちプレミアム共通商品券発行事業推進協議会」(TEL083-925-2300)へ。

「中心商店街プレミアム付商品券」は追加販売

 一方、11月に発売された山口市中心市街地の7商店街(中市、道場門前、米屋町、西門前、新町、大市、駅通り)の登録店舗で使用できる「山口市中心商店街プレミアム付商品券」が、「デジタル商品券」のみ5000セット(6500万円分)追加販売される。

 スマートフォンと専用アプリ「pring」を使い、1セット1万3000円分の商品券を、誰でも1万円で買うことができる。1人5セットが上限で、既に持っている人も、さらなる追加購入が可能だ。つまり、前回5セット買った人が、今回も5セット購入することができる。

 販売期間は12月15日(水)午前10時から同20日(月)まで。先着順で、売り切れ次第終了となる。また、商品券の有効期限は、2022年1月31日(月)だ。

 購入方法の詳細や、取り扱い店舗などは、特設ウェブサイト(https://sites.google.com/pring.jp/yamaguchi-machinaka/)で確認できる。問い合わせは、「山口市中心商店街プレミアム付商品券サポートデスク」(TEL0120-898-361)へ。

▲アプリ「pring」内のデジタル商品券イメージ