伝統産業の高度化で市場競争力向上を目指す 河北省新河県

© 新華社

伝統産業の高度化で市場競争力向上を目指す 河北省新河県

 7日、邢台市新河(しんか)県にある杭打ち機メーカーの工場で、レーザー切断機を操作する従業員。(邢台=新華社記者/王暁)

 【新華社邢台12月9日】中国河北省邢台市新河県はここ数年、京津冀(北京市・天津市・河北省)協同発展国家戦略のチャンスをつかみ、杭打ち機などの伝統産業の構造転換・高度化を進めながら、製品技術や市場競争力の向上を図っている。同県では現在、杭打ち機を製造する重点企業はおよそ30社、杭打ち機の年間生産台数は約1200台、年間生産額は10億元(1元=約18円)に上る。

伝統産業の高度化で市場競争力向上を目指す 河北省新河県

 7日、邢台市新河(しんか)県にある杭打ち機メーカーの工場で製造された製品。(邢台=新華社記者/王暁)

伝統産業の高度化で市場競争力向上を目指す 河北省新河県

 7日、邢台市新河(しんか)県にある杭打ち機メーカーの工場で働く従業員。(邢台=新華社記者/王暁)

伝統産業の高度化で市場競争力向上を目指す 河北省新河県

 7日、邢台市新河(しんか)県にある杭打ち機メーカーの工場で、スマート溶接ロボットを操作する従業員。(邢台=新華社記者/王暁)