20年度の温室ガス排出は最少

コロナ拡大で経済停滞を反映

© 一般社団法人共同通信社

日本の温室効果ガス排出量

 環境省は10日、国内の2020年度の温室効果ガス排出量は二酸化炭素(CO2)換算で前年度比5.1%減の11億4900万トンだったとの速報値を発表した。新型コロナウイルス感染症の拡大による経済活動の停滞で、企業のエネルギー消費が減ったのを反映した。減少は7年連続。1990年度の統計開始以来、最も少なかった19年度に続き最少を更新した。

 日本は10月、30年度の温室ガス排出量を13年度比46%減とする新たな目標を国連に提出した。20年度の排出量は13年度比では18.4%減で、46%減目標達成には開きがある。環境省は「住宅の断熱対策を加速させたい」と話した。