エンジニアに聞いた、新卒としてもう一度就活するなら最重視したいことは?

© 株式会社マイナビ

レバレジーズは12月15日、「企業の選び方」に関する調査結果を発表した。調査は10月26日~29日、エンジニア職で新卒入社した20歳~50歳の社会人エンジニア300名を対象にインターネットで行われた。

新卒での就職活動時に、どのような判断軸で会社を選んだのかを聞いたところ、「勤務地」が最も多く41.7%。次いで「業務内容」(32.3%)、「給与」(25.7%)、「事業内容」(25.0%)が上位に。一方、「ミッション・ビジョンへの共感」(3.3%)、「働く環境(リモート勤務など)」(3.3%)、「評価制度」(2.0%)を重要視する人は少なかった。

続いて、今後の仕事選びで妥協できる条件を尋ねたところ、「ネームバリュー」(46.7%)、「会社の規模」(34.0%)、「研修や教育制度」(25.7%)が上位に。

また、新卒としてもう一度就職活動をするならば、企業選びにおいて何を重要視するのかを聞くと、「給与」(61.0%)が断トツのトップに。次いで、「業務内容」(26.7%)、「働く環境(リモート勤務など)」(22.0%)と続いた。

次に、「新卒での就職活動時、エンジニアに詳しい人に相談できていましたか?」と質問したところ、88.7%が「いいえ」と回答。誰に相談したいかを聞くと、「エンジニアの社会人」が最も多く73.3%。次いで、「卒業した学校の先輩やOBOG」(43.0%)、「就活エージェント」(17.7%)と続いた。