米GDP確定値2.3%増

7~9月期、上方修正

© 一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】米商務省が22日発表した2021年7~9月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)確定値は年率換算で前期より2.3%増え、改定値の2.1%増から上方修正した。プラス成長は5四半期連続。

 ただ、伸び率は4~6月期の6.7%から減速した。半導体不足などの供給面の制約が悪影響を与えたのに加え、デルタ株による新型コロナウイルスの感染再拡大が外食や旅行などの消費に冷や水を浴びせた。

 個人消費は2.0%増、設備投資は1.7%増となり、それぞれ改定値から上方修正した。住宅投資も7.7%減と低下率が縮小。政府支出は同じ0.9%増だった。