奈良の人気秘境「明日香村」大人の楽しみ方~虎の巻~女子旅にもおすすめ!明日香村のおしゃれなスポットめぐり

© 株式会社マイナビ

飛鳥時代のスーパースター、聖徳太子。その“ふるさと”といえば、奈良県のほぼ真ん中に位置する「明日香村」です。村内は歴史的に見ても、ビッグネームなスポットが多く、“村まるごと遺跡”といっても過言ではないほど、見どころが多い場所。ひとたび古墳や遺跡の見学会を行えば、村の人口よりも多い、1万人クラスの歴史ファンが全国から大集結することも……!

また近年は、おしゃれなカフェも急増中。歴史ファンならずとも、ゆるい時間を過ごせる「チル旅」の旅先としても注目です。

今回は、そんな「明日香村」にフォーカス。全6回に分けて、さまざまな視点から楽しみ方をご紹介します。第5回目のテーマは、女子旅におすすめのモデルコース。明日香村には、SNSで話題の「華手水舎」やフォトジェニックな「天井画」を見られるお寺など、気持ちをぱっと明るくしてくれる要素がいっぱいです!

【過去回はこちら】
第一回 初めての明日香村観光 おすすめモデルコース編

【10:00】美しい華手水舎に心が洗われる「岡寺」

美しい花々が埋め尽くす「華手水舎」。最近は、様々な寺社仏閣が行っており、SNSでもよく見かけるようになりましたよね。

今回の旅は、そんな「華手水舎」が評判の“花の寺”からスタートです。

「岡寺」は、今から約1300年前、奈良時代に建てられた由緒あるお寺。鎌倉時代初期の書物に「厄除けのお寺」と書かれていることから、日本初の厄除け寺院として信仰も厚く、古来より多くの人に愛されてきました。

重要文化財の仁王門をくぐり、境内に入ってみると……。色鮮やかな「華手水舎」が現れ、参拝客の目を奪います。手水舎を埋め尽くす美しい花々。そしてビー玉も飾り付けられ、とっても華やか!見ているだけで、ワクワク胸が高鳴ります。

10月の取材時には、天竺牡丹(ダリア)が浮かべられていました!

ちなみに、副住職の川俣さんが運営する、お寺の公式インスタグラムも大人気。フォロワーは1.2万人(2021年12月14日現在)。1回の投稿で“いいね!”は1000超え、「美しい!構図がステキ!」「行ってみたい!」などのコメントも多く寄せられています。

色鮮やかな「華手水舎」に癒やされたら、本堂へ向かいましょう。落ち着きのある建物は、江戸時代の建物。周囲は山々に囲まれ、厳かな雰囲気が漂います。

そして「岡寺」といえば、石楠花(シャクナゲ)で有名なお寺。取材に訪れた日は花が咲き終わっていましたが、花咲く春には、およそ3000株の石楠花(シャクナゲ)や天竺牡丹(ダリア)が参拝客を迎えてくれます。

「岡寺」のご本尊は奈良時代につくられた、塑像(そぞう)の如意輪観音様。高さ4.85mもあり、土でできた仏様としては日本最大の大きさ!

多少修復は入っているものの、今のこのお姿は1300年前からほとんど変わっていないというから、驚きです……!!時代を超えてもなお、優しくて力強い。不思議なチカラを感じます。

「岡寺」の古称は、「龍蓋寺(りゅうがいじ)」。現在もこの古称「龍蓋寺」の名は、残っています。しかしなぜ、「龍蓋寺」と呼ばれているのかは、境内にある「龍蓋池」に行けば分かります。

「龍蓋池」の由来は、お寺を作った奈良時代の高僧「義淵僧正(ぎえんそうじょう)」が、この地域の農民を困らしていた龍と戦い、池に蓋をして龍を閉じ込めた伝説から名付けられました。

龍という厄を払ったことから、厄除けのお寺になった「岡寺」。毎年、厄年の方がたくさん訪れますが、奈良では昔から「女性の厄除けのお寺といえば“岡寺”」というぐらい有名なお寺です。

何か不運が続いてる……と感じる方は、ぜひ訪れてみて。晴れやかな気持ちになりますよ!

そして「岡寺」に来たら、ぜひ手にとってほしいのがおしゃれな御朱印帳。なかでも、大きな天竺牡丹(ダリア)の刺繍が施された「天竺牡丹御朱印帳(写真は秋バージョン)」は、おしゃれ女子にぴったりです。

【11:15】往生院の天井画が美しい!聖徳太子ゆかりの「橘寺」

さて2022年は、聖徳太子生誕1450年を迎える年。聖徳太子にちなんだ場所といえば、やはり「橘寺」は外せません。

日本書紀によると、「橘寺」の創建は西暦600年代の飛鳥時代。もともとこの地にあった都で聖徳太子が生まれ、推古天皇の名により、聖徳太子がこの場所に「橘寺」を建てました。

幼い頃から天才ぶりを発揮した聖徳太子。日本で仏教を広めて、遣唐使を派遣し、日本初の憲法まで作りました。一言でいうと、聖徳太子は飛鳥時代のスーパースター。「橘寺」にも、さまざまな逸話が残っています。

その一つが、聖徳太子を乗せて全国を駆け巡ったと伝えられる、愛馬「黒駒」にちなんだもの。

伝説によると、聖徳太子が初めて「黒駒」にまたがった際、ものすごい勢いで馬が駆け出し、そのまま空へ飛び上がって、あの富士山をも超えていったのだとか!

その様子を描いた数々の絵が残っていることから、なんと富士山登頂第一号は、聖徳太子という説もあります。伝説上にはなりますが、富士山に登った最初の人が聖徳太子だなんて、さすがですよね。

さて「橘寺」に女子が集まるようになった所以は、境内の「往生院」にあります。

それがこちら!堂内の天井を埋め尽くす、260点の天井画。この絵は極楽浄土に咲く花をイメージした作品群で、全国各地から献画されました。

ちなみに、天井画はゴロンと畳に寝転んで眺めるのが、正式な見方なのだとか。寝転ぶのはちょっと勇気がいりますが、せっかく「橘寺」へ来たのなら、一度はチャレンジしてみてください。視界いっぱいに広がる天井画の美しさと迫力に圧倒されます!

【12:30】蔵をセルフリノベーションした「Matsuyama Cafe」でランチ

フォトジェニックなスポットを楽しんでいると、お腹がペコペコに……。「橘寺」を後にして、ランチを食べに、近鉄「飛鳥駅」から徒歩1分のカフェ「Matsuyama Cafe」へ向かいます。

こちらは、築80年の木造倉庫だった蔵を、店主自らセルフリノベーションしたお店。地元でとれる旬の野菜をたっぷり使ったワンプレートランチが大人気です。

店内はアンティーク雑貨が飾られ、素朴で温かみのある雰囲気を醸し出しています。

古いガラス建具の組み合わせで作れた窓からは、やわらかくて優しい日差しがたっぷり。床・天井・壁、すべて木材を使用したモダンな雰囲気で、時間を忘れてゆったりくつろげます。

お昼のメニューは、みずみずしい旬の野菜をたっぷり使った、ランチプレートが2種類。手作りパンのプレートと黒米ごはんのプレートから選べます。2人で来たら、違うお料理を頼んでシェアするのもアリ!

プレートメニューは毎月変わるので、リピーターも飽きさせません。

こちらのお店は、野菜料理がとにかく美味しい!シャキシャキの生野菜、野菜の甘みが凝縮されたグリル、ほくほくとした蒸し野菜など、さまざまな調理法で、素材を活かして提供しています。

ボリュームたっぷりなのに、半分以上がお野菜だからヘルシー。女子にはうれしいランチですね!

【13:30】美味しくてフォトジェニック!「La ville ~都~」で季節のパフェを

ヘルシーなランチでお腹がいっぱいになったら、スイーツも楽しみたい!ということで、話題のスイーツを食べに、「La ville ~都~(みやこ)」へやってきました。

こちらは、明日香村のチャレンジショップ「あすかむ」から、2021年7月に移転オープンしたお店。思わず写真を撮りたくなるフォトジェニックなスイーツやしっとりローストビーフが大人気で、完売になることもしばしば……。本当は人に教えたくない、とっておきの隠れ家です。

おすすめは、季節ごとにメインの食材を変えて提供されるパフェ。この日は、秋の味覚を楽しめる「和栗モンブランパフェ」をいただきました。

グラスの中には、高級な国産和栗の渋皮煮をはじめとして、バームクーヘン、ほうじ茶と紅茶のゼリー、マロンクリームなどがぎっしり!

甘さ控えめで、さまざまな味と食感が楽しめるから、最後の一口まで美味しい!が続きます。

ほかにも、外はカリッと中はもちっと柔らかい焼菓子「カヌレ」もおすすめです。売り切れてしまうことが多い人気商品ですが、見つけたらぜひお試しを♪

そして、お腹に余力があるなら、名物の「ローストビーフ丼」も食べてほしい!

「ローストビーフ丼」で使用するお肉は、きれいなサシの入った黒毛和牛。それを丁寧に低温調理でゆっくり火を通し、しっとりやわらかいローストビーフに仕上げています。自家製のタレとの相性もバツグンですよ。

【15:00】絶品ウインナー&ベーコンを求めて「あすか燻製工房」へ

お腹が満たされ、幸せいっぱい。旅の終わりに、お土産を買いに行きましょう。

向かった先は、「La ville ~都~」からほど近い「あすか燻製工房」。こちらのお店は、奈良市で人気の「さくらバーガー」直営の工房兼販売所。「さくらバーガー」のトッピングで使われるベーコンは、実はこの工房で作られているんです。

建物は築100年の古民家をリノベーション。門屋のある玄関を通って、中庭を抜け、風情ある母屋が販売所になっています。

冷蔵庫に並ぶのは、無添加・低添加にこだわった自家製ベーコンやソーセージなど。なかでも人気が高いのは、一枚一枚スパイスを擦り込み熟成させて味を染み込ませた「無添加ベーコン」。素材の美味しさがそのまま感じられると評判です!

<あなたの知らないフォトジェニック奈良を旅するなら、明日香村へ>
明日香村の見どころは、古墳や遺跡だけにとどまりません。今回ご紹介したのは、胸がときめくフォトジェニックなスポットばかり。女子旅を何倍も楽しく彩ってくれる明日香村へ、ぜひ旅してみませんか?

安藤美紀

あんどうみき