【ミャンマー】中国貿易の決済通貨を人民元に、22年から[経済]

© 株式会社NNA

ミャンマー国軍当局は22日、2022年から中国との国境貿易の公式決済通貨として人民元を受け入れる試験計画を実施すると発表した。

発表したのは情報省と投資・対外経済関係省。両省が共同で公表した声明文によると、ミャンマー国営のミャンマー経済銀行(MEB)、中国の中国銀行(BOC)と中国工商銀行(ICBC)の3行が計画を実施する。人民元を貿易の決済通貨として受け入れるのは、新型コロナウイルスの感染率が「全国的に低下し」、両国の国境検問所が一部再開したことを受けたもの。両省は、青果類などの生鮮食品の中国との取引が大きく伸びると期待している。

中国の人民日報系の英字紙グローバル・タイムズは関係者の話として、「(ミャンマーが)政情不安による経済的困難を背景に陥っている米ドルなどの外貨不足に対処することを目的とした動き」と伝えた。

両省発表の声明ではまた、国軍の最高意思決定機関「国家統治評議会(SAC)」が中国政府と共同で鉄道や港湾開発を再開すると表明。同国の支援によるインフラ整備計画を、経済再生のための「主要な優先事項」と位置付けていると説明した。

さらに、中国は財政的にも新型コロナワクチンでも支援してきたと指摘し、「緊密な隣人としての関係を一段と強化していく」と強調した。