音楽コンテストの開催を通じて子どもたちの成長を支援したい!「さいたま市ジュニアソロコンテスト」へのクラウドファンディングを募集しています

[埼玉県さいたま市]

子どもたちが活動成果を発表する場が失われています

 音楽活動を行う子どもたちにとって、その成果を発表する機会は限られているのが現状ですが、コロナ禍においては、より一層、その成果発表の機会は少なくなっています。
 日々の音楽活動の成果を発表する場を提供することにより、子どもたちは、音楽を通じた表現の楽しさを覚え、舞台で大勢の前で演奏したという貴重な経験を得ることができます。この経験は子どもたちの成長や自己肯定感の醸成につながることから、活動成果を発表する場を提供することが大切であると考えます。

子どもたちの成長の場を創出したい

 そのため、さいたま市では子どもたちの日々の音楽活動成果を発表する場を提供するため、市内在住・在学の小中学生を対象とした「さいたま市ジュニアソロコンテスト」を開催することとしました。
 本コンテストに参加する子どもたちには、音楽を通じて自己表現する楽しさを感じること、舞台で一人で演奏するという貴重な経験により成長を実感できる機会を提供したいと考えています。また、参加者の技術面の成長も支援するため、予選参加者を含めた全員がプロの演奏家から講評が受けられるコンテストとします。
 なお、開催日程は、以下のとおりです。(一般観覧可、予約不要)
・予選:令和4年2月5日、令和4年2月6日
・本選:令和4年2月20日

さいたま市ジュニアソロコンテストの特徴

①参加者全員がプロの講評を受けることができる
 予選参加者の中から本選出場者が選ばれますが、本選に出場がかなわなかった子どもも含めた全員がプロの演奏家である審査員から講評を受けられます。この審査員は、歴史ある新日本フィルハーモニー交響楽団の団員さんをメインに構成します。
 本選での上位入賞者には、プロの演奏家のレッスンに参加する機会や、ロビーコンサートで演奏をする機会が得られるなど、貴重な体験を通して、技術の向上が期待できることも魅力の一つです。

②小学生から参加できる
 「さいたま市ジュニアソロコンテスト」は、小学生も対象としている点も大きな特徴です。学生向けのソロコンテストは全国に多く存在しますが、その多くは、中学生・高校生を対象としたものです。また、小学生の参加が可能な場合でも「小学生の部」として設けられることが多く、小学生が中学生と対等に競い合うことのできる本コンテストは、全国的に見ても大変貴重なコンテストです。

③参加しやすい参加費の設定
 一般的な音楽コンテストの参加費は平均5,000円となっていますが、当コンテストは、予選1,000円、本選2,000円と参加費を低く設定することにより、多くの子どもたちが気軽に参加し、舞台で演奏する機会を得ることができます。
 参加者の声など、詳しくはリンク先へ。https://www.furusato-tax.jp/gcf/1396

寄附金の使いみち

 さいたま市では、若手アーティストの育成に力を入れています。その取組の一つが、この「さいたま市ジュニアソロコンテスト」となります。このプロジェクトでいただいた寄附は、コンテスト開催に係る費用の一部として活用させていただきます。次代を担うアーティストの育成、頑張っている子どもたちの成果を発表できる機会を提供するため、ご支援をよろしくお願いいたします。

<寄付者の皆さまへ さいたま市長 清水勇人>
 文化芸術は、私たちの生活にゆとりと潤いをもたらしてくれます。さいたま市では、文化芸術都市創造計画にもとづき、市民の皆さまが文化芸術に親しみ、生き生きと心豊かに暮らせる文化芸術都市の創造を目指しております。次代の文化芸術を担う子どもたちにおいては、豊かな感性を伸ばし、創造性を醸成するため、質の高い文化芸術や多様な文化芸術に触れあえるよう機会の充実を図っています。
 その施策の一環として、若手アーティストの育成を図ること、また、音楽活動を行う子どもたちに発表の機会を提供し、表現をする楽しさを味わってもらうため、今後も継続的にこのコンテストを開催していきたいと考えてりおります。将来のアーティストたちの発掘・育成のため、皆さまのご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

クラウドファンディングへの応募方法

 株式会社トラストバンクが企画・運営する、ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」上の専用ページから申し込み
https://www.furusato-tax.jp/gcf/1396

さいたま市ジュニアソロコンテスト
さいたま市ジュニアソロコンテスト
さいたま市ジュニアソロコンテスト