市中感染、隣接県も無料検査へ

オミクロン株拡大に対応

© 一般社団法人共同通信社

新型コロナ対策について議論した全国知事会のオンライン会合=27日午後、東京都内

 山際大志郎経済再生担当相は27日の記者会見で、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」対策として、市中感染が確認された地域と隣接する県でも無料検査を可能にすると明らかにした。市中感染はこれまでに東京、愛知、京都、大阪、広島、福岡の計6都府県で確認され、沖縄でも日本人従業員を含む米軍基地関係者らがオミクロン株に感染している。

 内閣官房によると、無料の対象となるのはPCR検査と抗原検査。感染の不安のある人が受けられるようにして、感染者の早期の診療や隔離につなげる。山際氏によると、東京に隣接する埼玉、千葉、神奈川の首都圏3県から要望があり、決めたという。

山際経済再生相