お土産にいかが? 五島の味「かんころ餅」作り

© 株式会社長崎新聞社

手際良く形を整えられたかんころ餅=五島市、かんころ工房 野の花

 長崎県五島市ではこの時期、年末年始の贈答や、帰省した家族らのため、各地で特産のかんころ餅が作られる。
 同市三井楽町の製造所「かんころ工房 野の花」では、地元を中心に、北海道など県外からも注文を受け、地域の女性ら約10人がかんころ餅作りにいそしむ。
 蒸した干し芋(かんころ)を機械でペースト状にして、もち米や砂糖のほか、注文に応じて水あめやごまを練り混ぜ、手際良く手で形を整えていく。5キロの干し芋で300グラムのかんころ餅を約40本作り、多い日は約800本に及んだ。27日に年内の作業を終えた。
 代表の松永ヨシノさん(70)は「お土産に持たせたりして、多くの人に食べてもらいたい」と話した。