高梨沙羅が今季W杯初優勝

ジャンプ女子第9戦

© 一般社団法人共同通信社

高梨沙羅

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は1日、スロベニアのリュブノで個人第9戦(ヒルサイズ=HS94メートル)が行われ、高梨沙羅(クラレ)が合計266.8点で今季初優勝を果たした。W杯通算61勝目となった。

 高梨は1回目に最長不倒の95メートルを飛んでトップに。2回目は不利な追い風が吹く中で89メートルとまとめて、逃げ切った。

 勢藤優花(北海道ハイテクAC)が9位、岩渕香里(北野建設)は27位、岩佐明香(大林組)は30位だった。伊藤有希(土屋ホーム)は2回目に進めず32位に終わった。