首相、感染拡大で全員入院見直し

オミクロン対応転換

© 一般社団法人共同通信社

伊勢神宮の参拝を終え、年頭の記者会見をする岸田首相=4日午後、三重県伊勢市

 岸田文雄首相は4日、三重県伊勢市で年頭記者会見を開き、新型コロナウイルス「オミクロン株」への対応を巡り、感染が急拡大する地域では、陽性者全員を入院させる現行の措置を見直すと表明した。全ての濃厚接触者を宿泊施設待機とする措置も変更し、医療逼迫を回避するため対応を転換する。「自治体の判断で」重症度に応じて自宅療養などに切り替える。病床の逼迫が見込まれる場合は行動制限の強化も検討するとした。

 外国人の新規入国を禁止した水際対策の継続の是非を来週に判断する考えも示した。「今後は市中感染が急速に拡大するという最悪の事態が生じる可能性に備える」と強調した。