ジョコビッチ接種免除で反発拡大

全豪オープンに出場

© 一般社団法人共同通信社

2021年11月、男子テニスでシングルスの今季年間世界ランキング1位で表彰を受けたノバク・ジョコビッチ選手=トリノ(ロイター=共同)

 【シドニー共同】男子テニスで世界ランキング1位のセルビアのノバク・ジョコビッチ選手が4日、新型コロナワクチン接種の免除を認められたため、今月オーストラリア・メルボルンで開かれる全豪オープンに出場すると表明した。外国人の入国規制が世界でも厳しいオーストラリア国内では5日、「特別扱いではないか」との反発が広がった。

 地元のビクトリア州政府が接種免除を決めた。ただ、モリソン首相は5日の記者会見で、入国時に医学的な理由で接種できないと証明する必要があると強調。「証明が不十分であれば、次の飛行機で帰国してもらう」と述べ、連邦政府が州の判断を覆す可能性を残した。