沖縄・広島まん延防止要請

7日に決定、山口も検討

© 一般社団法人共同通信社

取材に応じる沖縄県の玉城デニー知事=6日午前、県庁

 沖縄、広島両県は6日、新型コロナウイルスの感染急拡大を受けて対策本部会議を開き、「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請することを決めた。政府は7日に適用を決定する方針。山口県でも感染が急拡大しており、要請に向け手続きを進めた。

 沖縄県はまん延防止措置の適用期間を9~31日、対象区域を全県にすると決めた。玉城デニー知事は会議後、今後の状況次第では「さらに厳しい措置に進まざるを得ない」と述べ、緊急事態宣言への移行も視野に入れていることを明らかにした。

 沖縄では昨年12月中旬以降、米軍基地で感染者が増加。県はオミクロン株が市中に広がったとみている。

新型コロナウイルスの対策本部員会議後に、記者会見する広島県の湯崎英彦知事=6日午後、広島市